手帳が続かない時の対処方法

手帳が続かない時の対処方法

こんにちは^^

ストレングス手帳コーチのマツです!

いつもブログを見ていただきありがとうございます。

初めましての方へ

 プロフィールはこちらです。

(私の経歴や大事にしている事について書いていますので是非見てください)

今回は手帳が続かない時の対処方法について私の考えをお話したいと思います。

手帳って順調に毎日書き続けている時はいいのですが、

一度書くのを中断してしまうと中々再開出来ないなんて事ないですか。

そんな時に私がどうしているのかをご紹介したいと思います。

それでは宜しくお願いいたします。

手帳を中断してしまうパターン

完璧に拘り過ぎてしまう

これが一番ありがちなパターンではないでしょうか。

  • 綺麗な字でたくさん書かなければ!
  • 手帳を使いこなして、夢に向かってどんどん前進していなければ!
  • タスクを全部終らせなければ!(終わらないと気持ち悪い)

こんな風な考えが根底にあると、

仮に上手く出来ない日が続くとストレス積み重なっていき、

手帳を開くのが嫌になり、書くのを止め、

嫌なストレスの記憶が残っているから再開するのが億劫になってしまう。

このサイクルが確立されてしまいます。

ビジョンにワクワクしなくなる

前提として、私がお伝えしている手帳術は単なるスケジュール管理ではなく、

自分自身が描くビジョンに向かって毎日行動していく為の手帳術です。

しかし、だからといって常に毎日やる気に満ち溢れていられるわけではありません。

なぜか自分のビジョンに心ときめかず、やる気が出なくなってしまう時もあります。

あとで説明しますが、これには価値観の変化と疲労の二つが原因であることが多いです。

手帳を再開する為の3つの方法

完璧に主義を止める(30点でもええやないか!)

そもそも皆さんが手帳を開く目的は何ですか。

私は自分自身のビジョンに少しでも近くづ為に、手帳を活用しています。

だから一歩でも二歩でも前に進めばOKという風に考えて、

完璧に拘らないことを意識するようにしています。

普段は大体60点主義とし、大体6割くらい出来ればOKと思っていますが、

手帳を再開する時はさらにハードル下げ、1行でもかければOK!!

もし自己採点で30点も取れれば大成功!!!

くらいの感覚で再開することを心がけています。

不思議なものですが、一行書くと、次の二行目、三行目は自然と筆が走り、

どんどん書けるようになってきます。

ここでポイントなのは、疲れる前に止めるということです。

筆が走り始めるともっと書きたくなると思いますが、

もう少し書きたいという精神状態であえて手帳を書くのを止めるのです。

こうすることで、書きすぎによるストレスを軽減することができます。

最も大事なのは手帳を使って努力し続けられる「継続状態」をいかに長く維持するかという事だと思います。

手帳を再開したばかりの時に無理はしてはいけません。

(楽しければOKですが^^)

価値観を見直す

自分のビジョンにワクワクしなくなる時は自分の価値観に変化が訪れている時かもしれません。

人によって見解はあると思いますが、

私は価値観は普遍的なものではないと考えています。

自己成長をしていったり、環境が変われば、自ずと新しい価値観が生まれ、

古い価値観が薄れてくる。そんなことは当然あると思います。

もし価値観が変わればビジョンも変わってきますので、

適宜良いタイミングで修正を加えていくことが大事だと思います。

でもこの『適宜』というのが難しいのだと思います。

価値観の変化は急に訪れるものではありません。

時間をかけ徐々に思考に変化をもたらしてきます。

なので、普通に生活をしている

「なんかしっくりこないな・・・・・」とか、

「なんか、やる気が出来ないな・・・」

といった感覚でしか認識することが出来ないので、

自然と手帳を開かなくなるという事に繋がっていってしまうのです。

この価値観の変化にいち早く気が付いて、価値観とビジョンを見直すことが手帳を再開するポイントではないでしょうか。

ちなみに私が価値観を見直すときは、

A3用紙にひたすら自分が考えていることを書きなぐっていきます。

その時は字の汚さなど気にせず、思い浮かぶことをひたすら書きなぐっていく方法をとっています。

ゆっくり休む(疲れてやる気は出ないは当たり前)

手帳を開くとデメリットは夢に近づくが、TODOに追われるということではないでしょうか。

疲労が溜まってくるとこのTODOこなす気力が持てず、手帳を開くのがだんだん億劫になってしまいます。 


そんな時は・・・・・ゆっくり休む!!

もう、これだけです。

ゆっくり休んでまた始めればいいんです。

例え、一週間手帳を開かなったしても、また開いて努力し始めればいいんです。

今までしてきた努力は0にはなりません。

また始めて1ミリでも進められれば!OK!

本当は疲れる前に休む!『戦略的休息』これが一番大事だと思います。

戦略的休息はまた機会に解説しますね^^

数あるブログの中から私のブログをお読みいただきありがとうございました。

私のブログでは

「今日・明日変わらなくても、3年あれば人生変わる」をアイコトバに

自分軸の人生を生きる為に必要な「価値観の話」「ビジョンの話」「手帳の話」「ストレングスの話」等の情報配信をしています。

「あなたはあなたにしかなれない」だから他人軸ではない自分軸の人生を歩める事を願っています。

メルマガ・ライン@にてブログ更新・お役立ち情報・セミナー情報等を配信していますので、宜しければ登録をお願いします。

メルマガの登録はこちら



ライン@の登録はこちら

https://lin.ee/6NreXlR

手帳術カテゴリの最新記事