ストレングスファインダーの結果が違うと思った人に伝えたい資質の二面性の話

ストレングスファインダーの結果が違うと思った人に伝えたい資質の二面性の話

こんにちは^^

ストレングス手帳コーチのマツです!

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は ☆p41MdSX6-1024x769.jpeg です

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

初めの方へ

 プロフィールはこちらです。

(私の経歴や大事にについて書いていますので是非ご覧ください)

ストレングスファインダーを受けたけれど、「結果に満足できない」「こんなの強みじゃない!」と思われる方いないですか?

今回はストレングスファインダーの資質の「バルコニー」と「ベースメント」についてお話したいと思います。

バルコニーとベースメント

簡単に言うと

バルコニーは、資質が良く作用するケース

ベースメント(地下)とは、資質が悪く作用するケースです。

なんだか人生がうまくいかない、

そんな時はご自身の資質がベースメントとして出ているかもしれません。

それでは解説していきます。

資質は「思考」「感情」「行動」のパターン

ストレングスファインダーのテストを受講するとあなたの資質が順番に表示されます。

この表示された資質はあなたの「生れつき」+「25歳までの経験」で構築された

「思考」「感情」「行動」のパターンのことです。

当然順位が上の方が普段から出やすい資質です。

上位資質は普段の生活で意識せずに出るので、基本的には良く作用することの方が多いのですが、稀に使い方を誤ると悪く作用する場面があります。

具体例を示して説明しますね。

【最上志向】のバルコニーとベースメント

最上志向が強い方は、『投下した資本(時間・努力・お金等)に対して品質や成果等の最大限のリターン』を求める傾向があります。

ちなみに日本人に一番多いのがこの【最上志向】の持ち主だそうです。

さすが質が高い日本人!

より上を目指す人

この傾向がバルコニー(良い作用)として出た場合は、

他人の才能や強みを見抜き、適材適所を推進したり、高い品質やレベルを追求する為に努力出来る等、結果にコミットする素晴しい推進力が生れます。

しかしバルコニー(悪い作用)として出た場合は、

常に現状に不満を抱えてしまう、初めから100点を目指し踏み出せない、他人に対するフィードバックが批判的になってしまう等のケースがあります。

【慎重さ】のバルコニーとベースメント

慎重さが強い方は、『成功する為には意志決定や選択には細心注意が必要でリスクを可能な限り排除する事』を好みます。

確認を怠らない人

これがバルコニーとして出た場合は、

リスクの予測能力が高く、思考が深いため、予め想定される問題や課題を事前に洗い出し、可能な限り優れた決断下すことに繋がります。

しかしバルコニーとして出た場合は

意思決定が苦手だ、優柔不断だ、行動が遅い、重箱の隅ばかりついている等と周囲から思われてしまうケースがあります。

資質は使いこなすもの

このように資質は良く作用することもあれば、悪く作用することもあります。

これがバルコニーとベースメント(地下)です。

上位の資質であればあるほど意識せずに普段から使っています。

だからこそ悪く作用していないか確認し、良く作用するよう行動を変えていく必要があると思います。

個別の資質の解説ページでは、「資質がベースメントとして出る時はどんな時か」また「バルコニーとして出す為にはどうすればよいか」を考える為のコーチングの質問を用意しています。

もしよろしければそちらも確認してください

さいごに

数あるブログの中から私のブログをお読みいただきありがとうございました。

私のブログでは

「今日・明日変わらなくても、3年あれば人生変わる」をアイコトバに

自分軸の人生を生きる為に必要な「価値観の話」「ビジョンの話」「手帳の話」「ストレングスの話」等の情報配信をしています。

「あなたはあなたにしかなれない」だから他人軸ではない自分軸の人生を歩める事を願っています。

メルマガ・ライン@にてブログ更新・お役立ち情報・セミナー情報等を配信していますので、宜しければ登録をお願いします。

メルマガの登録はこちら



ライン@の登録はこちら

https://lin.ee/6NreXlR

強み開発カテゴリの最新記事